マッチングアプリは女性から「いいね」するのが最強の戦略【女性向けPairs攻略法】

今回は、「女性の視点に立ったマッチングアプリ攻略法」を解説していきます。

とても簡単でめちゃくちゃ効果的な方法があります。それは、女性が自分から好みの男性に「いいね」することです。

これは、Piars(ペアーズ)を始めとするマッチングアプリを使う上で、少ないコストで絶大な成果のある、最強の攻略法です。

なぜそうなのかを、マッチングアプリの特徴や男性心理などをまじえて、詳しく解説していきます。

マッチングアプリは男性から「いいね」するのが基本

Pairs(ペアーズ)やタップル誕生やOmiai(オミアイ)など、たくさんのマッチングアプリがありますが、基本的なルールは共通しています。お互いに「いいね」を送れば、メッセージのやり取りが可能になるのです。

ただ、男性から「いいね」を送り、女性が「いいね返し」をして、メッセージ交換が始まるというパターンが圧倒的に多いです。

ほとんどのマッチングアプリで、女性が自分から好みの相手に「いいね」を送る比率は、1割にも満たないそうです。

マッチングアプリの世界は「女性側の売り手市場」で、料金体系にしても、男性が料金を払って女性は無料で使えるようになっています。

男性側は料金も負担しながら、自分から積極的にアプローチしていかなければなりません。男は大変ですね!

女性は「いいね」を待つものとされている

女性から「いいね」をすることは、ルール上はまったく問題ないどころか、むしろ推奨されているくらいです。

しかし実際には、女性が自分から「いいね」をすることはほとんどなく、「いいね」をくれた男性の中から、自分が気に入った人を選ぶという形で使っています。

「いいね」は男性がやるもので、女性側はプロフィールを登録して「いいね」を待つ、というのが、ある種の常識のようなものになってしまっているのです。

このような風潮に対して、「女性側に選ばせる」というコンセプトで作られたサービスが、例えば株式会社Diverseが運営する「Poiboy(ポイボーイ)」だったりします。

「ポイボーイ」では、男性側はプロフィールを登録するだけで女性を選ぶことができません。

女性側が男性を選び(ポイして)、選ばれた男性は、女性とメッセージするかどうか決めることができます。

建前上は、女性が男性を選ぶ(ポイする)ということになっていますが、実際は女性から男性にアプローチするサービスです。(「ポイ」というふざけたように見えるコンセプトは、それをうまく曖昧にするために使われています。とてもよく考えて作られているのです。)

「ポイボーイ」は女性側が男性を選びたいという需要を狙ったマッチングアプリですが、ここまでやらなければならないほど、マッチングアプリは男性が「いいね」するものということになっています。

しかし私は、「ポイボーイ」のようなサービスではなく、Pairsやタップルなど、普通のマッチングアプリで女性から積極的に「いいね」していくことこそが、最強の女性向けマッチングアプリ攻略法であると主張したいです。

女性ユーザーこそ、自分から積極的に「いいね」していくべきなのです。そのほうが効率的に良い人と出会え、他にも大きなメリットがあります。

「いいね」を送って無視されたら傷つかない?

「いいね」を送っても無視される場合ですが、普通に傷つきます。

勇気を出してアプローチして、相手にプロフィールをじっくり見られ、その後で「ダメ」と判断される経験は、どんな女子にとってもツラいものです。

そして、このような「ダメージ覚悟でアプローチをする行動力」は、マッチングアプリにおいては男性が支払うものであるというのが常識になっています。

つまり、女性の場合

  • 「いいね」を送っても返事が来なくて傷つくかもしれない
  • 男性から女性に「いいね」するのが普通

という、二つのハードルを超えなければいけません。

だからこそ、「いいね」をくれた男性の中から良い人を選ぶ、という行動パターンの女性が圧倒的に多いのです。

しかし、女性から「いいね」を送ることは悪いことではなく、むしろ良いことです。

男性からしても女性から「いいね」をもらったら普通に嬉しくなります。自分の好みとは言えない女性からもらっても嬉しいでしょう。どんなにイケてる男性でも、マッチングアプリでは「いいね」や「メッセージ」を無視されるという経験をたくさんしています。ほとんどの男性は、女性側から「いいね」が来たという事実に嬉しくなると思います。

また、「女性から送るのは恥ずかしい」といっても、マッチングアプリには「周囲の目」なんてものは存在しません。「いいね」を送っても、それが伝わるのは相手一人だけですし、返ってこなかったらきっぱり諦めればいいだけの話です。

マッチングアプリなんて、ちょっとしたことで断ったり断られたり、うまくいかないのは当たり前なので、「駄目で元々」くらいの精神で、自分からいい人を探しに行って積極的にアプローチすればいいのです。

「低く見られるかもしれない」という心配はまったくの杞憂

女性が積極的に「いいね」しない理由として、「低く見られてしまうかもしれないから」というのがあります。

自分からアプローチすると、「所詮自分からアプローチしてきた女」と、付き合った後も立場が悪く、最後は捨てられてしまうのではないか、というわけです。

しかし、実はこれはまったくの逆で、女性が男性の心理をわかっていないがゆえの典型的な勘違いと言えるでしょう。実は、マッチングアプリにおいては、積極的にアプローチされて付き合った場合のほうがずっと捨てられやすいのです。

「ヤリ捨て(ヤリ逃げ)」みたいなことを防ぐ最も良い方法は、自分から相手にアプローチして付き合うことです。

男性の心理としては、たくさんのライバルを出し抜いて女性と付き合った場合(つまりあなたがたくさんの「いいね」の中から誰かを選んだ場合)、肉体関係までを「ゴール」だと考えます。

女性の売り手市場であなたが選ぶ側だったほど、肉体関係の後は立場がそのまま入れ替わります。相手の熱烈なアプローチを受けて、自分が「それなら」と了承して付き合った場合こそ、最も無責任に捨てられやすいのです。あなたは男性にとっての戦利品のようなものだからです。

男性心理的には、ライバルから勝ち抜いて手に入れたものは、自分の所有物であり、満足の後は急速に興味を失っていくからです。

一方で、女性側からアプローチした場合、男性は「そこまでしてくれた誠意に応えなければ」と感じます。女性からしたら納得しづらいかもしれませんが、男性は「相手から勇気を出して自分に好意を示してきてくれたこと」への恩義を返そうとするのです。

男女が対等に付き合いたい場合、実は女性側が積極的になったほうがずっとうまく行きやすいのです。

女性だからこそ自分から「いいね」が最強の戦略になる

「積極的に男性からアプローチされたい」「自分から先に好意を示すと何か敗けた気分になる」と思っている女性が多いようです。

だからこそチャンスなのです。「女性」プラス「積極的」は最強のブルーオーシャン戦略です。

ただ待っているよりも、積極的に「いいね」を送ったほうが、出会える人のスペックの期待値は上がります。さらに、自分からアプローチしたからといって「低く見られる」ようなことはなく、むしろ「ヤリ捨て」みたいなことをされなくなり、結婚まで考えて長期的に付き合いやすくなります。

整理すると、女性から「いいね」することのデメリットは

  • 「いいね」が返ってこなかったら自尊心が傷つく
  • 「女性は男性からアプローチされるもの」という常識とは別の行動をしなければならない

です。

一方でメリットは

  • ただ待つよりもスペックが高く自分好みの人と出会いやすくなる
  • 捨てられることがなくなり対等に付き合えるようになる

です。

デメリットを大きく上回るメリットがあり、戦略的にはかなり優れた方法だと私は考えています。

「行動力」のある女性は得をする

断れて傷つくリスクを覚悟で相手にアプローチする「行動力」は、マッチングアプリにおいては男性が支払うものだと思われています。

ですが、その「行動力」を持っている女性はめちゃくちゃ強いです。

「家事や細かい気づかいなどを女性並にこなせる男性」ってステキだと思いませんか。「行動力のある女性」はそれと同じくらいステキなのです。

好みの男性に自分からアプローチしていける強さを持った女性は、いいかげんな男の強引なやり口に引っかかることもなく、「待つだけの美女」よりも最終的には幸せになれる可能性が高いのです。

「お姫様」になるのもいいですが、どうせなら「努力」で良い恋愛・結婚を掴み取るほうが楽しい人生だと思います。

自分から「いいね」は、かなり効率良く好みの男性と出会える方法なので、頑張れる人は試してみましょう!

どういうマッチングアプリを使うべき?

自分から「いいね」戦略でやっていく場合、どういうマッチングアプリを使うかですが、普通にPairs、タップル、Omiaiなど、無料で会員数の多いアプリで試してみるのがいいと思います。

もし何か良いマッチングアプリを探しているというのであれば、以下の記事を参考にしてみてください。

 

また、結婚を目標にマッチングアプリで彼氏を探しているのであれば、以下の記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。