30代独身女性が婚活で一発逆転を狙う具体的な方法【ハイスペ男性をゲット!】

若い内に結婚を決められず、30代になってしまったけど未だに独身。

20代のときのようにモテるわけではないけど、今さら妥協してしょうもない男と結婚する気もない。

そんな、30代独身で婚活をしている方のために、ハイスペ男性と一発逆転の結婚をするための具体的な方法を教えちゃいます!

一発逆転の結婚は不可能ではない

重要なのは、30代になってからも、逆転の結婚は不可能なわけではないことです。

何事も、諦めていては始まりません。成功するための絶対条件は「行動すること」なので、諦めれば成功の可能性はゼロになります

雲の上の話なので参考にならないかもしれませんが、40歳を越えてもなおメジャーで活躍するイチロー(鈴木一郎)選手と、妻の福島弓子さんが結婚したのは、「イチローさん26歳、福島弓子さん34歳」の頃です。

30代女性でも日本一のスポーツ選手と結婚できたという例があるように、男がみんな若くて可愛いだけの女の子を選ぶとは限りません。

人間の恋愛は、もっとずっと奥深いものなので、若くないからといって自分に自信を無くすのはやめましょう。

「結婚相談所」に行くと、「現実を見なさい!」と言われる年齢

とはいえ、統計的に見れば、30代の女性がハイスペックな男性と結婚するのはかなり難しいことです。

「結婚相談所」という婚活サービスの窓口に行けば、「現実を見なさい」と諭される年齢です。

同じ30代で年収や学歴の高い男性は、30代の女性ではなく、20代の女性と結婚することを望む人が大半です。

女の30代(特に35歳以降)というのは、真正面から婚活すると、かなり不利になってくる年齢なのです。

ハイスペ男性は結婚相談所では見つからない

30代女性は、結婚相談所で自分のスペック以上のハイスペ男性と結婚するのは、かなり難しいと考えてください。

なぜなら、結婚相談所というサービスは、基本的に同じスペックの人同士がマッチングする場だからです。

結婚相談所の従業員であるおばちゃん達は、「この人とこの人ならいいんじゃない?」という感じで、世間的に(客観的に)同じスペックの二人のお見合いをセッティングする傾向にあります。

偏りのあるマッチングは損をする側に失礼なので、サービスを運営する側は、同じくらいの人同士をお見合いさせるべきだと考えているのです。

よって、結婚相談所では、相手のほうが極端にスペックの高い出会いというのはあまり起こらないのです。

誤解の無いように言うと、結婚相談所は、「なるべく早く同じくらいの人と結婚できる」という点において、高い料金を支払うに値するサービスと言えます。女性だったら、20代前半のうちに行っておけばかなり良い出会いを期待できたでしょう。

どういう男性を狙うべきか?

結婚相談所で一発逆転は難しいとわかったところで、それではどういう男性を狙えばいいのでしょうか?

答えは、「自分の価値を自覚していないハイスペックな男性」です。

高学歴で大手企業の社員だったり、仕事がものすごくできて高収入だったりする人でも、今まで女性との出会いが全然なく、30代になっても独身という状況はありえます。

男性は女性と違って相手からアプローチされるということがほとんどないので、本来であればモテるようなスペックの人でも、運悪くモテてこなかった人はたくさんいるのです。

男子校出身で理系の大手企業勤めなんかは、その典型的な感じです。

そのような隠れハイスペック男子は、結婚相談所なんかに登録すると、一瞬で成婚が決まって退会していきます。

ただ、彼らが結婚相談所ではなくマッチングアプリに登録した場合、なかなか異性とマッチングできずに悲しい思いをしてしまいます。そこがチャンスです!

結婚相談所とマッチングアプリの違いを利用する

恋愛においても婚活においても、本気で成功を考えるのであれば「どうやって出会うのか?」という具体的な方法論は必要不可欠です。

「友達の紹介」のようなものは、人それぞれの事情に左右されるので、方法論とは呼べません。

よって、誰にでも使える「マッチングアプリ」を使って婚活することを前提とします。

実は、結婚相談所では一瞬でいい相手が見つかるようなハイスペ男性が、マッチングアプリを使ってもうまくいかないというのは、ありがちなことなのです。

結婚相談所は男女比が1対1に近いのに対して、マッチングは男性のほうが多い女性の売り手市場です。

そのため、男性側はスペックが高くても、プロフィールの作り方やアプローチが上手でないとうまくいかないのです。

30代独身婚活女子が成功するための攻略法は、「出会いがなくてマッチングアプリに手を出してみたけどうまくいっていないハイスペ男性」を自分から狙うことです

マッチングアプリで自分から「いいね」を押していくという戦略

「隠れハイスペ男子」を狙いたいなら、自分から相手に「いいね」を押してアプローチしましょう

多くの女性が勘違いしていますが、マッチングで女性から「いいね」をするのは、恥ずかしいことであるどころか、付き合ってからの男女の関係もよくなりやすい、最強の戦略なのです。(それについては、「マッチングアプリは女性から「いいね」するのが最強の戦略」という記事に詳しく書いています。)

もちろん、「いいね」が返ってこなければ、ちょっとは傷ついたりムカッとしたりするかもしれませんが、そんなことを気にしても仕方ありません。

30代独身で必死に婚活をしているということ自体がすでにわりと恥ずかしいことなので、恥なんて捨ててどんどんアプローチしてください!

年収や職業で検索をかけることができるので、めぼしい相手には順番にアプローチして、早めにデートに行ってしまいましょう。

どういうマッチングアプリを使えばいいのか?

どういうマッチングアプリを使えばいいかですが、これといったおすすめは特にありません。強いて言えば、女性に人気のキラキラしたものよりも、普通の男性がとりあえず使ってみようかなと思うメジャーなものがいいでしょう。

例えば、「Pairs(ペアーズ)」は、アクティブユーザーが非常に多いメジャーなマッチングアプリであり、女性は無料で使うことができるので、とりあえずこれを使っておけばいいでしょう。

月額数千円の料金が必要ですが、「マッチ・ドットコム」は、とても婚活に向いています。真面目に出会いたいならおすすめです。

より詳しく知りたい方は、「女性におすすめのマッチングアプリを紹介」という記事を参考にしてみてください。

遊び慣れた人と結婚するのは難しい

「自分からアプローチすると何か負けた気になる、ちゃんとリードしてくれる人がいい」というのは、女性なら誰もが抱きがちな価値観です。

これは、20代ならまだ許されるのですが、30代からは許されません。

そもそも、あなたが一緒にいて楽しいと感じるような遊び慣れた男性は、自分自身の客観的な価値を熟知しています。30代にもなって独身の人が、そういう人の上に立てるとは思えません。遊ばれて終わる可能性が高いでしょう。

30代になって「リードされなきゃ嫌」と思ってしまうのであれば、同世代ではなく、一回り歳上の男性と付き合うことを考えるのがいいでしょう。

行動した人が成功する

誰も彼もが、誰かのやってことを批判したがるこのご時世において、「行動力」というのは最強の武器です。

「とりあえずやってみる」、「ちょっとでもいいと思う人がいれば自分からアプローチしてみる」、そういう力を持っている人が、婚活でも成功するでしょうし、これからの人生でもうまくやっていけるでしょう。

20代の頃は、「待ち」が最適な戦略かもしれません。然るべきところにいけば、それなりの20代女子ならモテまくりなので、そこから一番良いものを選べばいいからです。

しかし、「待ち」によって得た異性が、本当に自分を幸せにしてくれるとは限りません。

30代婚活の最大のメリットは、「待ち」の姿勢を改められることにあります。自分で行動力を発揮せざるを得ない状況に追い詰められているからこそ、自分の力で幸せを掴み取ることの喜びに気づけるのです。

外野から文句を言っている人の願いが叶うことはなく、最後は「行動した人」が勝ちます。

この婚活のタイミングを期に、あなたも「自分から行動できる人」になるべきなのです。

「OK」だったらすぐに行く

女性は、「待ち」の姿勢を脱して、自分から異性にアプローチする行動力さえあれば、かなり一発逆転を狙いやすいと言えます。

しかし、年齢が上がれば上がるほど、異性から好まれなくなっていくというのも純然たる事実です。

よって、「この人ならまあいっか!」と思う人が現れれば、なるべく早く結婚してしまいましょう

「この調子でどんどんやって行けば、もっといい人と知り合える」と考えるのは危険です。

時間がかかればかかるほど成功率が下がっていくのが婚活です。短期決戦が可能なら、それに越したことはないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。