婚活するにあたって「現実を見る」とはどういうことか?【女性向け】

 

この記事は、「婚活してるけど、いい人が見つからない!」という女性に向けて書いています。

「婚活」って、本当に難しいですよね。

結婚は、人生において最も重い決断の一つです。

なにせ、「一生添い遂げるパートナー」を決めるわけですから。

そんなの見つかるわけない!」というのが、多くの人の正直なホンネなのではないでしょうか?

どうしても「いい人がいない!」と思ってしまう

結婚相談所、婚活サービス、マッチングアプリ、街コンなど、色々な出会いの場に参加しても、あんまりパッとしない。

「この人がいい!」と思える男性に出会えない。

年収や職業などの条件が良くても、どこかで「なんか違うな……」と思ってしまう。

「自分の理想が高すぎるのだろうか。でも……」と悩んでしまう。

一方で、自分の年齢はどんどん上がっていくし、「誰からも選んでもらえなくなるのではないか」という不安も踏まれてくる。

あるあるです。多くの方が、同じような気持ちを経験したと思います。

理想の高すぎる女性を叩く風潮

インターネットで横行している、「理想の高い女性叩き」を見たことがありますか?

別に見る必要はまったくないのですが、ネットでは、よく「理想が高すぎて結婚できない女」の典型のような人がとりあげられ、揶揄され、馬鹿にされています。

一般的に、女性は若い内は価値があり、男性を選べる立場なのですが、年齢を重ねるうちにそうではなくなっていきます。

もう選べる立場ではないのに、選べる立場だった時の目の厳しさだけは変わらない女性……そのような「勘違い女」が、取り上げられ、笑われるのです。

勘違い女は実際にはそんなにいない

実際のところ、30代後半で容姿レベルも落ちているのに、「年収600万以上を希望」みたいな馬鹿な女は、そんなにはいません。

多くの女性は、年齢と共に自分の価値が落ちることなど、男以上に切実に知っているし、その難しさ、辛さを噛み締めながら生きています。

そして、「そんなに基準を高くしてはいけない」「むしろ誰でもいい!」と思いながら婚活しているのです。

それでも決められない!

「高望みしてはいけない」と思ってはいます。

それでも、現実の婚活の場に出てみると、「私にはもっと良い人がいるのではないか」と思ってしまうのも事実。

「この人でいいのか?」という不安は、消えることがありません。

理想を落とすのではなく考え方を変える

「理想が高すぎるから、もっと落とさなければならない」……これは正しいようで違います。

ここで問題なのは、自分の中に作られた基準で「アリ」か「ナシ」かを判断していること、です。

自分の中に基準をつくると、それが高いものか低いものかに関わらず、実態と乖離していきます。

つまり、何らかの基準を自分の中に設定して、目の前にいる男の人を「アリ」か「ナシ」かで判断する……といったマインドに問題があるのです。

もちろん、運が良ければ「アリ!」な男性が目の前に現れることもあるのですが、ずっと婚活していてそうならない場合、考え方を改め、「現実を見る」必要があります。

「現実を見る」ための具体的な方法

現実を見るための具体的な方法ですが、簡単です。

自分が付き合えそうな人の中から、「一番良いと思える人」を選ぶのです。

つまり、3人いたら、その中から1人だけ最も良いと思える人を選びます。

自分の中にある基準で「アリ」か「ナシ」かを考えると、その基準が、どんどん現実から離れていきます。

そして、現実の人間と現実でない概念を比較して、非現実を選択してしまいます。

目の前にいる現実の人たちの中から、誰が一番自分にとってステキな人かを考えること、それが文字通り「現実を見る」ということです。

現実と向き合えば様々なものが見えてくる

普段から接している、漫画や映画やドラマなどの「恋愛」は、作られた理想です。

そこで作られたレンズを通して世界を見ると、何も美しく見えなくなってしまいます。
まずは、ちゃんと自分の目で、現実を見ようとすることです。

人間には、近くにいる人の美質を見抜く力が、本来は備わっています。

昔は、下手したら自分以外の人に決められた、「1人のうちの1人と結婚」していたのですが、それでも、多くの夫婦はお互いになんとかやっていたのですね。

今は、3人のうち1人とは言わず、10人のうち1人でもいいです。

ただし、「現実ではない作られた基準」に振り回されるのは止めましょう。

現実にそぐわない架空の基準で、相手を「アリ」か「ナシ」か判断してはいけません。

近くにいる現実の人の中から、「自分は誰が好きなんだろう?」と考えてみることから、あなた自身の本当の恋が始まるのです。

もちろん、婚活するにあたっては、相手の職業や年収も考慮に入れる必要があるでしょう。

しかし、それ以外の、その人自身の美質を見つけ出す努力ができれば、その後の結婚生活も、より充実したものになると思います。

「自分はこの人が好きなんだ!」というポジティブな気持ちを忘れてはいけません。

結婚したいと思っているすべての女性が、幸せな結婚ができるよう祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。