多夫多妻制(一夫多妻・一妻多夫)という制度は実現可能か?

 

日本や他の先進国では少子化が進んでいますが、「夫婦が子供を産まなくなっている」からではなく、「結婚して夫婦になれない男女が増えている」ことが少子化の主な原因です

結婚できる人はちゃんと子供を作っているのだけど、その「結婚」ができない人が増えていて、それで少子化になっているのです。

情報社会である現在、人は様々な理想を知ってしまい、我慢ができなくなりました。

一人の男性と一人の女性がくっつくというモデル(一夫一妻制)が限界をむかえているのではないか?

少子化問題は一夫一妻制を見直すことで解決可能なのではないか?

と考える人は、日に日に多くなってきています。

今回は、「もし一夫一妻制をやめて多夫多妻制にしたらどうなるのか?」、それは実現可能なのか、そのメリット・デメリットを述べていきます。

「一夫多妻制」は当たり前に行われていた

ご存知の通り、昔の日本は一夫多妻制でした。

平安時代は「通い婚」で、男性は複数の元に通っていました。
戦国時代、武将は側室という公認の愛人がいました。
大正・昭和にも、妻とは別に「お妾さん」を囲っている人はざらにいました。

つい最近まで「一夫多妻」は当たり前のようにしてあったのです。

イスラム圏の国など、現在でも「一夫多妻」を採用しているところがあります。

また、「一夫一妻」よりも「一夫多妻」の共同体のほうが、出生率は圧倒的に高いのです。
それが、少子化時代に「一夫一妻制の復活」が主張される理由の一つでもあります。

なぜ「一夫多妻」になってしまうのか?

人は、放っておけば「一夫多妻」になりがちです。

それは、結局のところ、教育を受けていない自然状態の女性は、「浮気」をそこまで悪いものだと思わないのです。

現在は、「一夫一妻制」を維持するために、「浮気は最低なこと」という価値観が共有され、女性は「自分だけを愛してくれる人」を望むようになっています。

しかし、ほとんどの女性は本能的に、「自分だけを愛してくれる普通の人」よりも「複数の女性を好む優秀な人」を求めます。

「より優秀な子孫を残す」という本能に従えば、複数人を養えるくらい強い男性の妻の一人になり、その人のDNAを取り入れたほうが、特に魅力のない男性に一生懸命養われるよりマシだからです。

人間が本能のままにふるまえば、自然と一夫多妻になってしまうのです。

現に、つい最近まで(場合によっては今でも)、一夫多妻制が採用されてきたのです。

「一夫多妻」を押し進める危険は?

しかし、生き残ってきたのは、「極端な一夫多妻」ではなく「制限のある一夫多妻」でした。

側室や愛人をつくる際も、男は妻のご機嫌などを伺いながら、という形でおそるおそるやっていました。

イスラムでも、無制限の一夫多妻ではなく、妻は4人までで、しかも全員を同じ待遇にできなければ新しい妻を作ってはいけない、ということになっています。

このように、極端に女性が男性に集中するようなことがないようになっていました。

「なぜ極端な一夫多妻制がいけないのか」、そうなってしまうと、社会が成り立たなくなるからです。

妻も子供も持てない男性が一定以上社会に溢れてしまうと、その社会は不安定になって崩壊してしまいます。

よって、「勝者である男性」が女性を独り占めしないように、婚姻に制限を設け、やがては「一人の男に一人の女」という形になっていったのです。

男性はもともと不特定多数の女性とセックスしたいのですが、「浮気をする男はサイテー」という倫理観を植え付けられます。

女性はもともとトップクラスの男性のDNAが欲しいのですが、「自分だけを見てくれる男性と付き合わなければ女として負け」という価値観を植え付けられます。

こうやって、一夫一妻制が出来上がり、社会は安定期を迎えたのです。

「一夫一妻制」で保護されていたのは男性のほう?

一夫一妻制は、女性の人権が認められる過程で強固になっていったものであり、男性が好き勝手に他の女をつくらない、「女のための権利」というイメージがあります。

しかし、これは男性のためでもあり、特に「さえない男性」のための制度です。

女性から認められる上位の男性でなくとも、配偶者を得られるからこそ、平和が保たれるのです。

しかしその仕組は、現在は「未婚化・少子化」という形で、機能不全に陥っています。

だから、「一夫多妻をよみがえらせよう(安定が崩壊しない程度に)」となるのです。

「一妻多夫」はありうるのか?

今までは「一夫多妻」について述べてきましたが、一人の妻がたくさんの夫を持つ「一妻多夫」というのは、ありうるのでしょうか?

生殖の際に、男性は一瞬で済みますが、女性は長い間、身体を変形させてまで、出産という難事に挑む必要があります。
また、女性がたくさんの夫を持ってしまうと、誰が父親なのかわからなくなってしまいます。

「一妻多夫」というは、ほとんどメリットがなく、なかなか成立しにくいものと言えます。

一部の地域や時代で、「乱婚」のような、父親が誰かわからなくなるような共同体はありますが、それほど多くはないようです。

一方で、出産が介在しなければ、たくさんの男性に女性が養われる世界は存在します。
「性風俗産業」が代表的ですが、「アイドルグループ」や、「SHOWROOM(ショールーム)」などの投げ銭サービスで稼ぐ女性の界隈を見ると、「一妻多夫」のようなものが形成されています。

若い女性は男性に比べて圧倒的に価値が高いので、インターネットの新しいサービスの後押しさえあれば、多くの男性に支援されて生きていくということが可能なのです。

これから日本はどうなるのか?

「一夫一妻制」が行き詰まりを見せてはいますが、一方で、「一夫一妻制の時代の倫理」が廃れているわけではありません。

浮気だけはゆるせません。」という価値観・倫理観は、若い世代にも引き継がれています。

一方で、3股・4股疑惑で大批判を受けた人気YouTuberの「はじめしゃちょー」を、多くの女性ファンは全力で擁護しようとするのです。

女性たちの間では、「100番目の女でもいいからはじめしゃちょーのDNAが欲しい」という考えになっているのかもしれません。

もちろん批判している人も多いですが、「はじめしゃちょーなんだから4人くらい彼女がいたっていいだろ。イスラムなら当たり前!」というのが、ごく素朴な感情なのではないでしょうか。

はじめしゃちょーの浮気をキッカケに、若者の意識が一夫多妻に傾きつつあるのかもしれません。

社会的にも、「一夫一妻」では少子化が進む一方だから、ゆるやかな「多夫多妻」に変えていってはどうか、という気運が高まっています。

「一夫一妻制」には、「社会が安定する」というそれなりの合理性があります。

一方で、少子化が進み国民の不安が高まってくるなか、「多夫多妻(一夫多妻)」を開放しよう、という風潮が強くなりつつあることもたしかです。

仮に実現するとしても、「事実上」という形で、ゆるやかにあいまいに進んでいくのでしょう。

これがどのような結果を導くのかは、まだ誰にもわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。