「まともな彼氏」が欲しい女子のための具体的な方法論

 

「彼氏が欲しい!」「でもいい人がいない!」

多くの女子が抱く悩みだと思います。

仕事などで人間関係が固定化してしまうと、新しい出会いがなくなってしまいます。

モテる女子であっても、社会人になって出会いがなくなると、なかなか「この人!」と思える彼氏を作るのは難しいです。

また最近は男女平等が根付いているので、男のほうから積極的にアプローチしてくれるわけではありません。

真面目で誠実そうな人ほど草食系で、勘違いした会社の上司みたいなのばっかりがぐいぐいアプローチしてきて困る……みたいなことも「あるある」ですよね。

そんな女性のために、どうやって自分が好きになれる「まともな彼氏」を作ればいいのか、具体的な方法を教えていきます!

「焦らないでいい」は大ウソ! めっちゃ焦りましょう!

よく、女性向けメディアや女性誌には、「あせらなくても大丈夫」「きっと幸せな恋が見つかるから☆」といったことが書いてあります。

これは、読んでいるぶんには気持ち良く、読者ウケがいいので書かれがちですが、嘘です。
実際は、できるだけ焦ったほうがいいです。

男性側の心理からすると、女性側の年齢が上がれば上がるほど、結婚へのプレッシャーなどもあって手を出しにくくなってしまいます。
男性は若い女性と恋愛したがるのです。

理想の彼氏やハイスペ彼氏を手に入れたいなら、早いほうが有利ではあります。

また、出産ことなどを考えると、なるべく早い結婚のほうが、楽であることは間違いないです。

もちろん、「若い女性にしか価値がない」というわけではありません。若くないから落ち込む必要は一切ありません。

ここで主張したいのは、何よりもまず、今日と言う日は二度と来ないということです

今できる恋愛は今だけのもので、今日できた恋愛は明日になればできなくなっているかもしれません。

人生は一度きりなんだから、焦るしかありませんよね?

恋愛をもっと楽しみたいなら、何事も面倒臭がらずに、全力で走り出しましょう!

自分を低く見積もってはいけません!

しかし、だからといって、「誰でもいいから付き合って!」というわけにはもちろんいきませんよね。

男性なら、見た目が好みの女性に片っ端からアタックすればいいのですけど、女性はそういうわけにはいきません。

彼氏が欲しいけど、だからと言って簡単に好きになれるわけではない。女性ならではの難しさですよね。

なかなか恋人ができなくなると、「自分には価値がないのかな……」と自信を失ってしまいがちです。

そこで、妥協して変な男と付き合ってしまうのは最悪。

傲慢になりすぎるのもよくないですが、「自分には価値があるんだ!」という自信とプライドを持って生きていきましょう。

もちろん、そのために「オンナ磨き」は必要です。
美容やダイエットなど、日々の努力を積み重ねるところから、自信がつくられていくのです

女性としての価値を手っ取り早く確認する方法

基本的に恋愛市場においては、男性よりも女性の価値が高いです。

これは、何も「女性だからすごい」ということを意味するわけではありません。
男性が8割の女性を好きになれるのに対して、女性は2割の男性しか好きになれない、という「性差」が影響しています。(もちろん個人差があります。)

何が言いたいかと言うと、「女性は女性であるだけですごくモテる」ということです。

それを実感するための一番簡単な方法は、「マッチングアプリ」を使ってみることです。

顔写真とプロフィールを登録すれば、すぐさまたくさんの男性からアプローチが来ます。

オンラインでの出会いをどうとらえるかは個人の自由ですが、一度試してみてもいいかもしれません。

今後、オンラインはどんどん主流な出会いの方法になっていくし、試しにどういう感じなのか、体験しておいて損はないと思います。

マッチングアプリにはたくさん種類がありますが、日本で会員数が最大の「pairs(ペアーズ)」あたりが一番無難な選択肢です。

「pairs(ペアーズ)」のダウンロードはこちらから!
 

Facebookで登録できるのですが、登録してることは友達には知られません。(知り合いとマッチングしないためのフェイスブック連携です。)

プロフィール写真とプロフィール文を投稿すればいいのですが、すぐに色んな男性からアプローチが来てびっくりすると思います。

男性の知り合いを増やしていきましょう

どうやって理想の彼氏を見つければいいかですが、まずは彼氏未満の男友達を増やしていきましょう。

人が集まる場には積極的に顔を出して、男性の知り合いを増やしていくのです。

pairsのようなマッチングアプリでも、マッチングしたら恋人同士にならないといけないわけではなく、「とりあえず友達から」とか「今度合コンしない?」みたいな使い方も可能です。

男性側も出会いを求めているので、快く応じてくれることが多いと思います。

出会いに積極的になれるように努力しましょう。

気心の知れない男性とたくさん会うよりも、女友達とワイワイしていたほうがずっと楽しいのは確かです。

しかし、『東京タラレバ娘』を見ればわかるように、女友達とばかり仲良くしていると、それが楽しいからこそ、男からは遠ざかっていきます。

女性同士でキャーキャーやったり愚痴を言い合うのって本当に楽しいですよね。男性の目にも晒されないので、すごく楽です。

しかし、同性の友達も大事ですが、「まともな彼氏」が欲しいのならば、勇気を出して男性の前に出てみるしかありません。

現実から離れすぎた理想を持たないために

しかし、アプローチを受け続ける弊害というのもあり、どんどん理想が高くなっていくという副作用があるのも事実です。

人間は難しいもので、選べる立場に長くいると、人の欠点ばかり見て「なんか違うなあ……」という思いが常につきまとってしまいます。

そういうときの解決策は、「近くにいる人の中で、自分は誰が一番好きかを考える」ことです。

自分の基準で「アリかナシか」を判断するのではなく、近くにいる人の中で「一番マシだと思える人」を決めるのです。

一人ひとりを「順番に審査」していくのではなく、自分の近くにいる人の中から「誰かを選ぶ」という考え方が重要です。

女性にとって一番危険な状況は、「もっとステキな人がいるはず」と、漠然と考えてしまうことです。

そうなると、どの男性も「何か物足りない」と思ってしまい、ずるずると結婚できない状況が続いていきます。

どのような女性も若い頃はモテた経験があるので、その自己イメージと自分の中に作られた基準のまま、ずるずると歳をとって誰とも結婚できない……ということが起こります。
私はそういう人を何人も見てきました。

 

交友関係を広げて、たくさんの男性と会ってみることは重要です。色んな人と付き合ってみるのもいいと思います。しかし、「誰か一人を選ぶ」という意識は、常に持ち続けてください。

繰り返しますが、「アリかナシか」で判断していった結果、全員が「ナシ」であったなら、それは女性にとって非常に危険な状況です。

マッチングサービスを使う上でのテクニック

どうやって出会いを増やしていくかですが、職業や住んでいる地域や個人の資質によってまったく違うので、なんとも言いようがありません。

何もキッカケがないなら、素直にマッチングサービスを使いましょう。

街コン、趣味コン、結婚相談所などに行くのもいいかもしれません。(「相席居酒屋」や「ナンパ待ち」はおすすめしません。)

マッチングアプリを使用する際の小技ですが、「あえて盛らない素の写真を載せてみる」というのがあります。

やはり自分のことは良く見られたいし、たくさんアプローチも貰いたいものですが、会った後に「写真と違うじゃん」とガッカリされるのはつらいですよね。

「モテる」目的ではなく「イイ人を探す」目的であれば、写真はあまり盛らないほうがいいかもしれません。

また、

趣味が同じ人と結婚できる時代になった!【マッチングアプリ】

の記事にあるように、マッチングサービスは、「近くにいる人」ではなく「趣味趣向が近い人」とマッチングできるのがメリットです。

そのため、あまり自分の個性を抑えず、何が好きなのか、相手に何を求めているかなど、しっかりとプロフィールなどで主張すると良いかもしれません。

当メディアでは、「おすすめのマッチングアプリ」の比較評価記事もあります。よかったら参考にしてみてください。

【出会い】マッチングアプリのおすすめを比較ランキングで紹介【厳選】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。