クリスマスケーキ理論にも親切さはあった?【女性の婚期】

 

「クリスマスケーキ理論」というものをご存知でしょうか?

女性の婚期をクリスマスケーキに喩えたもので、人によっては非常に腹立たしいものだと思います。

今回はその「クリスマスケーキ理論」についての話です。

クリスマスケーキ理論とは?

昔は、「女性の賞味期限はクリスマスケーキと同じ」という暴言がまかり通っていましたし、女性のほうもそれを信じていました。

女性の年齢を、12月24日に買われるクリスマスケーキに喩えています。

23日以前

クリスマスイブの前ですが、当日になる前から、ケーキを予約しておく人もいます。
大事なケーキ(女性)であるほど、イブの前日から、しっかり予約されている場合が多いようです。

24日

もっとも多くの人が、イブの夜にクリスマスケーキを食べます。(結婚します。)

25日

イブではなく、クリスマス当日にケーキを食べる人もたくさんいるでしょう。
25歳までに結婚できればセーフで、何も気がとがめることはありません。

26日

街には婚期を逃して売れ残ったクリスマスケーキが安売りで並びます。

27日

クリスマスの日にちから離れるたびに、どんどん価格が割引きされていきます。

28日

正規の価格ではクリスマスケーキを買えない男性が、安く買いたい節約志向の男性が、ひょっとしたら買ってくれるかもしれません。

29日以降

そろそろ「消費期限」が心配になって来る頃です。廃棄されてしまう可能性も……。

とまあ、こういう形の、非常に女性軽視な考え方なのですが、今の価値観に親しんだ方々からすれば、これが間違いであることはすぐにわかりますよね?

クリスマスケーキ理論の間違い

男女の結婚年齢は、年々高い方向に推移していて、現在は、男性が平均で31歳、女性が30歳となっています。

つまり、今の普通の女性は30歳で結婚しているのです。

クリスマスケーキ理論自体が、バブル期の下品な風潮の中で囁かれてということもあってか、少なくとも現代の実態と乖離していることは確かなようです。

また、もしこれが実態に即していたとしても、常識的な感覚を持っていれば、女性をクリスマスケーキに喩えるのは失礼でしょう。

「クリスマスケーキ理論」の後続、「年越しそば理論」や「おせち料理理論」!?

晩婚化が進み、クリスマスケーキ理論が実態にそぐわなくなったことから、次の理論が登場してきているようですね。

31歳までは食べれる「年越しそば理論」。

新年を迎えてもまだまだイケる「おせち料理理論」などです。

しかしこれも、女性を賞味期限のある食べ物に喩えている点では、それほど「クリスマスケーキ理論」と大差ないようにも思えます。

クリスマスケーキ理論の親切さ

しかし、ある意味で「クリスマスケーキ理論」にも、親切と言える側面があったのかもしれません。

子供を埋める年齢は、個人差はあるものの、どうしても年齢的なリミットが存在してしまうことは確かです。

そのような時に、「女性はいつまでも子供を埋める」というのは、聞こえはいいし、女性たちからは賞賛されるかもしれませんが、それを信じ切ってしまった人が不幸にならないとは限りません。

「期限がないと、あるいは期限を明確に示されないと、なかなか何かを成し遂げることができない」という特性を人間は持っています。

宿題にしても、試験にしても、提出物にしても締め切りにしても、期限があって、それに急かされるからこそ私達は力を発揮できるのです!

30を超えると、年齢を重ねれば重ねるほど、結婚が難しくなっていきます。ましてや子供を作るとなると、年齢的なタイムリミットも迫ってきます。

25歳までに結婚するように急き立てるような「クリスマスケーキ理論」は、もちろん今では否定されるべき考え方なのですが、尻に火をつけてくれるという意味で、女性にとって親切な側面も持っていたのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。